加藤商事とは

about us

ご挨拶

イメージ

加藤一芳

宅地開発事業、不動産再生事業のことなら当社にお任せください。

三条市の不動産を通して地域社会に貢献している『加藤商事』では、『宅地開発事業』と『不動産再生事業』を中心業務の二本柱としております。

不動産は一般の住宅地から工場・商業ビルまで幅広く取り扱っており、また地元三条市のネットワークはもとより、首都圏の大手不動産業者とのネットワークも駆使して、お客様の様々なニーズにお応えできる体制を築いております。

お客様の資金計画の立案・金融機関の斡旋・各種税金の計算・ハウスメーカーのご紹介と当社ではお客様の立場に立ったキメ細いサービスを常に心掛けております。

また、ご売却の際には豊富な取引事例から適正な価格を査定し、早期資金化のお役に立てるよう当社自らが買取りをする制度もございます。 新潟県三条市や三条市周辺エリアで不動産の紹介、宅地開発、不動産再生事業、建築、リフォームのことなら、なんでもお気軽にお問い合わせください。

代表取締役 加藤一芳

会社概要

会社名 加藤商事株式会社
所在地 新潟県三条市興野3丁目5番38号
TEL 0256-35-2551
FAX 0256-35-2553
代表取締役 加藤一芳
設立 昭和49年1月
資本金 9,800万円
所属団体 (公社)新潟県宅地建物取引業協会 (公社)全国宅地建物取引業保証協会
事業内容 不動産売買及び仲介業・不動産管理業・不動産貸付業(ビル経営等)・建設業
主要取引銀行 第四北越銀行 三条中央支店 三條信用組合 本店 大光銀行 東三条支店 新潟縣信用組合 三条東支店 日本政策金融公庫 三条支店 他
取引先 三菱地所レジデンス株式会社 東急リバブル株式会社 ソリューション事業部
顧問弁護士 中澤泰二郎法律事務所

沿革

昭和37年 加藤金一が造成工事請負を中心とした加藤建材を三条市上大浦にて興す。
昭和40年1月 加藤建材を組織化し三条市島潟にて有限会社加藤建築とする。松下電工代理店加盟。
昭和49年1月 建設業から不動産業を中心とした業務展開変更を受け、資本金500万円にて加藤商事株式会社設立。
昭和51年5月 三条市興野にて加藤ビル竣工(RC7階建)、本社移転。
平成7年12月 財務内容の強化のため資本金を1,000万円に増資。
平成14年3月 加藤一芳(現社長)が加藤商事㈱入社。
平成15年12月 JR東日本の社宅跡地を落札し、分譲地に開発販売。
平成16年4月 財務内容の強化のため資本金を8,000万円に増資。
平成17年1月 初の「パークタウンシリーズ」加茂寿町17区画を販売。
12月 財務内容の強化のため資本金を9,800万円に増資。
平成21年12月 現代表取締役 加藤一芳 代表取締役就任。
平成22年11月 レジャー部門を分社し株式会社ケイ・アンド・ケイを設立。
平成26年3月 北越銀行・三條信用組合によるシンジケートローン(5.5億円)契約。 三条市一ノ門にて「K2一ノ門ビル」取得。
平成26年10月 燕市白山町にて大規模市街地再開発物件「パークタウン白山町」発売。

アクセスマップ

お客様の声

イメージ

分譲地を購入されたお客様の声の中から一部をご紹介します!

三条市

パークタウン西本成寺

人物イメージ

毎年年賀状や新しい年のカレンダーを送って下さる心づかいが嬉しいです。 また、引越して間もない頃、年末で夜という忙しい状況の中、消雪パイプがなかった家の前の道路の除雪を役所に頼んでくださった社長に大変感謝しています。 ありがとうございました。

パークコート北入蔵

人物イメージ

今年の大雪で私道の雪をどかすのがとても大変でした。 大雪対策として、消雪パイプがついていたら、良かったなあと思いました。

燕市

パークタウン白山町

人物イメージ

場所は満足しています。もう少し広い土地でも良かったかなとか思うこともありますが、特段困ることはありません。ハザードマップを見て、何とか浸水を免れる地区かなと少し安心しています(油断は禁物ですが)

水道町シリーズ

人物イメージ

土地を購入させていただき本当に良かったと思います。 消雪パイプも視野に入れて土地を探していましたので思いどおりの場所でした。

人物イメージ

お世話様です。 燕・三条地域の発展のため、貴社のさらなるご繁栄をお祈りいたします。 応援しています。

人物イメージ

分譲地内での車の通りが住人の方以外ほとんどないのでとても静かで住みやすいです。 消雪パイプも設備されているので冬はとても助かります。家の裏も田んぼで風通りが良く景色も弥彦山が一望できます。

パークタウン笈ケ島

人物イメージ

周辺の空いている土地の手入れ(草取り)などをもっと小まめに行ってほしいです。

貴重なご意見ありがとうございました。 皆様からいただいたご意見を真摯に受け止めより良い会社づくりに活かしていきます。